書写の家-diagonal house-

shosha_top

使用材料

屋根 :
ガルバリウム鋼板(縦ハゼ葺き)
外壁 :
ガルバリウム鋼板(角波)、杉縦板張り
天井 :
ビニールクロス貼
壁 :
ビニールクロス貼、モザイクタイル貼
床 :
1F:オーク、畳、タイル貼
2F:吉野杉
家具 :
タモ集成材他

敷地は新しく造成された住宅地。周囲からプライバシーを守るための工夫として敷地に対して

角度をつけた建物配置としています。白のガルバリウム鋼板(角波)に茶色の玄関ポーチの

板張と濃紺の下屋でアクセントをつけた外観となりました。内部は段差を利用した楽しさと

視覚効果による広がりが感じられる空間です。防犯面にも配慮しながら外の空間との繋がり

開放感ある住まい計画となっています。

所在地 姫路市書写
用途 住宅
構造 木造2階建て
敷地面積 150.73㎡
建築面積 56.90㎡
延床面積 90.66㎡
竣工 2014年12月
設計監理 岡﨑 祐介/祐建築設計事務所
施工管理 前田 和之/前和建築工房
プロデュース 下村 昌弘/株式会社ハウスインフォ
構造設計 土屋 茂/株式会社土屋設計
写真撮影 多田ユウコ/多田ユウコ写真事務所