王寺町の家―diagonal house2―

ouji_17ec

使用材料

屋根 :
ガルバリウム鋼板(縦ハゼ葺き)
外壁 :
窯業系サイディング
天井 :
ビニールクロス貼
壁 :
漆喰塗り、ビニールクロス貼、        モザイクタイル貼、サブウェイタイル貼
床 :
1F オーク、畳、籐タイル
2F 吉野杉
家具 :
タモ集成材、ラワンランバーコア

新しく造成された住宅地に建つLDK+畳コーナーが一体となった住宅。

リビングとの段差、外空間とフラットで繋がるウッドテラスによって、

視覚効果でより広がりを感じられるようになっています。

敷地と平行ではなく、あえて角度をつけた建物配置は2台の駐車スペースや

ウッドデッキ、家庭菜園、サービステラスのスペースを確保しつつ、

プライバシーを守る面でも効果を発揮しています。

十分なスペースと1階部分でコンパクトにまとめられた家事動線はこれから

住まい計画をされる方にとっても参考にしていただけると思います。

 

所在地 奈良県北葛城郡王寺町
用途 住宅
構造 木造2階建て
敷地面積 135.54㎡
建築面積 59.21㎡
延床面積 93.54㎡
竣工 2018年 5月
設計監理 岡崎 祐介/祐建築設計事務所
施工管理 栗野 洋志、吉井 一将
構造設計 土屋 茂/株式会社土屋設計
写真撮影 多田ユウコ/多田ユウコ写真事務所