石切の家 半年点検

春の定期点検が続いていて、この日は石切の家の

半年点検に伺ってきました。クロスに少し筋が出てきた

ところがありましたが、大きな問題はなく過ごされている

とのことで安心しました。新しいものも増えて、

次はここに自分で〇〇を作ろうと思っていますなど、

住まいを楽しんでいただけてることや家の前を通った

小学生が「ここの家好き」って言ってて嬉しかったこと、

お子さんの友達がクラスの1/3の人数で来たけど

全然問題なく大丈夫だったことなどのお話も聞けて、

設計者としても携われて良かったなぁと感じました(^^ゞ

 

石切の家 竣工写真お届け。

竣工写真アルバムが完成したので、データCDと一緒に

お届けしてきました。写真データは友人へのお引越しの

案内や年賀状等でも活用していただいていて、住まい完成の

思い出として飾ってもいただけます。通常、家具が入ると

その分狭く感じることが多いと思いますが、石切の家は

LDKがとても広いので家具によって広さが認識しやすくなり、

より広さを感じられるようになっていました。

こだわりのカーテンも取付されていて、提案から採用して

いただいた間接照明も良い感じで、気に入っていただけました(^^ゞ

クライアントは裁縫の趣味をお持ちなので、カーテンの長さは

これから調整されるのですが、その他にもいろいろ作られたりで、

しばらくは住まいのインテリアを作る楽しみがありそうです。

 

石切の家Re お引渡し。

表札の取付も終え、2日連続のお引渡しです。

お引渡しではメーカーさんのキッチンや引渡し書類、

緊急時対応方法の説明と鍵の確認等を行います。

同級生のお家だったのでいつもより少しプレッシャーも

大きかったのですが、楽しく住まいづくりができました。

Kさんご家族の皆さま、これからも末永いお付き合い

よろしくお願いいたします(^-^)

 

竣工写真撮影。

完成見学会に引続き、石切の家と和泉の家Reの

竣工写真の撮影を2日連続で写真家の多田ユウコさんに

していただきました。石切の家は9日に床のDIY塗装を

行ったので見学会の時とはまた違った雰囲気で源平(赤味と

白味が混じっている木)の杉板が白いオイルで全体的に馴染んで、

柔らかく優しい空間になりました。写真完成まで少し時間が

ありますので、私が携帯で撮影したのをアップします。

両日ともにいつも通り晴れたので、良い写真が期待できそうです。

皆さん楽しみにお待ちください。

 

完成見学会。

7日から9日は石切の家と和泉の家Reの完成見学会を

行いました。いつもよりか少しゆっくり見学いただける

感じでしたが、進行中projectのクライアント、設計事務所仲間、

建築が好きな方にお越しいただくことができました。

皆さまありがとうございました。次回はクライアントの了解が

得られれば、3月か4月の開催ができると思います。

楽しみにお待ちください。

 

石切の家 外構工事

工事も終盤、次の土日は完成見学会です。駐車場の土間コンクリートが

打設され、玄関までの階段や側溝部分の左官工事が行われています。

隣地との間にはメッシュフェンスが取付られました。内部は水廻りの

コーキングや細かな調整等がされていて、この日は私も内装部分の

チェックをしてきました。1、2階ともにフレキシブルに対応する

間取りで、視線が抜ける広々した開放感のある部屋を繋げた使い方と

個室としてプライバシーを保てる分けた使い方ができます。

 

 

 

 

 

 

 

石切の家 木製建具と器具。

外構工事が始まり、内部は仕上の照明器具や設備器具、

木製建具の取付されました。この日は完了検査があり、

無事指摘もなく合格できました。検査官さんはあまりにも

ペンキ調のクロスがキレイに貼られていて、

「これクロス仕上ですか?」と不思議がっていました。

1階は床の養生が取られて、塗装される前のLDKも

いい感じです。カーテンの打合せもして、あともう少しで

完成というとこまできました。来月7日、8日は完成見学会

なので、興味ある方はぜひお越しください。

詳細はトップページの最新情報をクリックです。(^-^)

 

 

 

 

 

 

石切の家 クロス工事。

クロス貼が進んでいます。1階はほぼ貼り終わって

白いクロスによって広いLDKが更に開放感がでてきました。

光の反射により室内の明るさもアップしています。

これから器具の取付も始まり、もう少しでかなり完成形が

見えるようになってくると思います。

 

 

 

10/7・8 石切の家 完成見学会のお知らせ。

【石切の家-flexible house-】

坂道の多い古くからある住宅地は第一種低層住居専用地域で

昨年末から準防火地域にりました。道路との高低差がある敷地に

2台分の駐車場を確保し、外壁は板壁と濃紺のサイディング張で

落ち着いた雰囲気の外観となりました。広々としたLDKは

一部が高天井で開放感ある空間にしています。

1階にはSCLやパントリー兼家事室、予備室もあり、

収納も必要なところにしっかり確保。2階の広いホール兼

図書コーナーには本棚やPC用のカウンターが大工造作されて、

一般的な個室だけの2階のイメージと違った楽しい場所と

なっています。WCLやロフトも備え、2階にも収納スペースを

十分にとっています。

 

この度クライアントのご厚意で完成見学会を開催させて

いただくことになりました。見学ご希望の方は当事務所の

ホームページにあるお問い合わせフォームまたはお電話にて

ご連絡ください。

※完全予約制となりますが、当日の連絡でも受付をしております。

ブログでも実際の工事状況を掲載しておりますが、是非この機会に

お越しいただき、楽しい空間を体感してください。

 

【完成見学会の日程】

日時:2017.10. 7(土)~ 8日(日) 10:00~17:00

場所:東大阪市東石切町

用途:専用住宅

構造規模:木造2階建て 延床面積:約36.2坪

設計監理:祐建築設計事務所

工事施工:有限会社ビームスコンストラクション

 

石切の家 DIY塗装2。

キッチンが設置されて、木製格子や本棚等の造付家具が

出来上がりました。外構工事以外の大工工事が完了して、

クロスが貼られる前に取り合い部分の塗装とそれに合わせて

ウッドテラスの材料のDIY塗装を行いました。

今回、内部の木部はホワイトの自然オイルでいい雰囲気に

仕上がっています。工事も終盤にかかり、あと少しで完成の

石切の家もクライアントのご厚意で完成見学会を開催させて

いただくことになりました。10月7日(土)、8日(日)の予定で

詳細は後日ホームページの最新情報にアップいたします。

楽しみにお待ちください。また10月9日(月・祝)は和泉の家Reの

完成見学会も開催予定です。こちらも合わせて掲載いたします。

 

 

 

 

 

石切の家 収納棚

現場は収納棚の設置が進んでいます。作っている途中ですが、

1階では下半分がトイレ収納、上半分がリビングのスタディテーブルが

置かれるところの本棚になっています。スタディテーブルからは

下側は使いにくくなるため、トイレで使用しやすい部分で空間の

有効活用をしています。キッチンでもこういった収納を設けてあり、

たくさんあると嬉しい収納スペースをより使いやすく、より増やせるように

工夫をしています。

 

 

石切の家 タイルの割付。

現場にてタイルの割付確認をしました。今回使用するタイルは

形に特徴があり、どの位置に持ってくるのが一番キレイに

見えるかの検討を現場でも行いました。良い感じで割付が

できそうなので、出来上がりが楽しみです。

 

 

 

石切の家 製作家具。

製作家具が少しずつ作られてます。

大工さんの製作家具でイメージするのは棚や収納などを

イメージされる方が多いかもしれませんが、それ以外にも

テーブルや洗面台、キッチンも作ることができます。

今回はベッドも製作しており、スペースを有効に

使用することができ、一体感が生まれて下部を収納に

利用できたりもします。マットレスは市販のものを

はめ込める大きさなので、買い換え等にも対応してます。

現場チェックの中で階段降りて正面にあるキッチンが

生活をイメージするととっても良い感じで嬉しくなりました(^^ゞ

 

 

石切の家 外観と家具。

足場が解体され、外観のお目見えです。濃紺の外壁が落ち着きあって

良い感じです。サイディングは選ぶ商品や使い方によって、

安っぽく見えることがありますが、組合せやバランス、色の使い方を

考えることよって見え方も全く異なってきます。費用的に抑えられること

も多いので、うまくデザインしていけば使うのも全然ありだと思います。

内部は大工さんが造作家具の製作に入りました。オリジナルの家事室や

ウォークインクローゼットの棚の形も現れてきました。