宝塚の家2 完成見学会。

午後からは大雨洪水警報がでるコンディションで、

見学のキャンセルもありましたが、午前中から

お昼にかけて数組がお越しくださり、見学していただく

ことができました。当事務所で設計監理を行った住まいの

ご家族や建築家さがしの杜の仲間にも参加いただけました。

視界が悪い中でも抜群の眺望を感じていただけ、

とても楽しい時間を過ごせました。外構も完成し、

今週は竣工写真撮影、来週はいよいよお引渡しです。

 

宝塚の家2 施主検査。

雨続きの天気だったため外構工事が一部、残った状態でしたが、

ほぼ完成した状態まででき、予定通り施主検査を行いました。

先にビームスさんが工務店検査をされているので、事前に手直し

されるところもわかり、スムーズに進めることができました。

洗面所の鏡は跳ね上げ式の収納扉となっていて、大きな鏡が

スッキリとした納まりになっています。リビングの窓は

光の調整ができ、防犯面にも効果のある外付のブラインドが

設置されました。電動なので一度に動くと基地のようで

見ていると少年の気持ちになり、ワクワクしてしまいました(^^ゞ

スイッチネームはフォントや色も毎回クライアントに

選んでもらっていて、今回は事務所でよく使用している

フォントの茶色となりました。落ち着いた感じが家の雰囲気と

合いとてもいい感じです。外構の門柱を兼ねた塀は全体の

一体感がでる外壁と同じ色の同じ柄の仕上としています。

 

 

宝塚の家2 DIY床塗装とアプローチの石貼り。

外構の石貼り工事が進んでいます。

既存建物の解体前は閉鎖的で暗い感じの

アプローチでしたが、車の展開スペースのある

開けた明るい空間ができてきました。

内部ではクライアントと一緒に床のDIY塗装を

行いました。オスモのウォールナット色の塗装は

いつもの桐油より塗料が伸びないので少し大変ですが、

とてもいい感じの仕上りになっています。

 

 

宝塚の家2 あかりが灯りました。

器具の取付が完了し、床の養生が撤去されて、

照明には明かりが灯りました。外構工事もあと

もう少しで完成する予定です。完成見学会は

住まいのご計画がある方と当事務所からご案内を

送った方限定で5月中旬に開催予定です。

見学をご希望される方は当事務所ホームページの

お問い合わせフォームよりご相談ください。

開催日時と場所をご案内させていただきます。

※参加できる人数に限りを設けておりますので

ご連絡はお早めにお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

宝塚の家2 建具工事と設備器具。

5月中旬にお引渡し予定で進んでいる現場では

内部の木製建具の吊り込みと設備機器の設置が

されていってます。フローリングと合わせた

ウォールナットの突板の建具がとてもいい感じです(^-^)

外構工事も形ができてきて、これから仕上げに入ります。

 

 

 

 

 

宝塚の家2 外構工事始まりました。

外構の整地が進められて、これから駐車場やアプローチの

土間部分の工事が始まります。ウッドテラスの形も現れて、

外観の印象も重心が下がり、より落ち着いた感じになりました。

内部はいろいろな部分の作業がされ、階段の手摺や人工大理石の

洗面台の設置、内装の床工事、土間の左官工事などが完了しています。

 

 

 

 

宝塚の家2 キッチンと内装工事。

システムキッチンの取付が終わり、内装工事も

着々と進んでいます。今回、壁と天井の仕上は

ビニールクロスを使用するのは少しだけで大半が

オガファーザーというウッドチップの入った

壁紙となります。一部は素地仕上でLDK等の

主要な部屋はその上に石灰を主成分とした

自然塗料のデュプロンを塗ります。

 

 

 

宝塚の家2 足場解体とキッチン床タイル。

この日は足場解体作業の日で外観がわかりやすくなりました。

玄関ポーチのアプローチやウッドテラスがまだできていないので、

完成形ではないですが、外構ができてくると重心が低くなり、

建物の安定感やバランスが更にグッと締まってくるようになります。

内部はキッチンの床タイルの施工が完了しました。ミントグリーンと

ストロベリーピンクの塊は美味しそうな感じですがアイスクリーム...

ではなく、タイルのボンドです。混ぜると強力に引っ付きます。

 

 

宝塚の家2 外壁左官工事。

内部造作の大工工事がほぼ完了しました。

吹抜に設置した縦格子のバランスも良い感じです。

気温の影響で少し遅れていた外壁左官工事も

仕上塗りが始まり、現場ではザッ、ザッと

小気味良いコテの音が響いていました。

足場があるのでわかりにくいですが、

足場が取れたとき、とってもいい感じなのが

既にわかる感じがしました(^^ゞ

 

 

 

宝塚の家2 

石膏ボードの壁、天井下地が進み、造り付けの棚等が

たくさん出来上がってます。収納部分がたくさんあり、

勾配天井で解放感も抜群の内部空間が写真でもわかる

ようになってきました。日程が合わず今回はお手伝いが

できなかったのですが、工務店さんにレクチャーしてもらい、

クライアントのDIY塗装も順調にスタートしました。

 

 

 

 

 

 

宝塚の家2 階段と塗装工事。

スキップフロアの階段が出来上がりました。できれば標準仕様にしたいけど

スペースが必要なので、いつもはなかなかできない緩やかな階段です。

と言っても、他の階段も蹴上200㎜未満、踏面227.5㎜以上+蹴込の

建築基準法より厳しい事務所の最低限の基準はクリアしています。

外部の軒天は塗装のパテ作業に入りました。ちらほらと最終の

仕上工事がこれから始まっていき、現場チェックはは毎回楽しいです。

 

 

 

宝塚の家2 書斎と板張天井。

書斎のひと部屋がほぼ大工工事完了でちょうどいい感じの広さと

使いやすそうなできにテンションがあがりました(^^ゞ

リビングの板張天井も完成でこちらも気持ちが高ぶります。

建具枠の取付、せっこうボード張等いろいろな作業が3人の

大工さんによって進んでいて、現場監理も楽しい時間を過ごせました。

床にある四角い枠は床下エアコンの吹出口でこちらもいい感じです。

 

 

 

 

 

 

宝塚の家2 システムバス組立中。

1階リビングダイニングと玄関廻りのフローリングはウォールナットが

張られています。床下エアコン設置のため、所々に設置するルーバーは

既製品を使わずに床材を加工して作成し、スッキリとした納まりに

仕上がるのが今から楽しみです。スキップフロアの間となる壁は

それぞれのフロアで使いやすい高さの収納や飾り棚となっていて

空間を有効に使えるようにしています。この日はシステムバスの

組立があり、浴室はほぼ完成となりました。先週に海外から船便を

経由して搬入されたオスモ&エーデル製の窓、ヘーベシーベの取付後に

中間時の機密測定もC値1.0以下の0.9を切り、完成までには更に

数値も良くなりそうでホッと一安心です。

 

 

 

 

宝塚の家2 気密工事と断熱工事。

初めての材料や工法をたくさん採用していて、

工事中がいつもとまた違った雰囲気の現場と

なっています。断熱材のセルロースファイバーの

吹込みが完了し、タイベックスマートという

季節により透湿と防湿が可変する特殊な気密

シート張りが始まりました。外側は透湿防水

シートに排水機能がプラスされたタイベックの

ドレインラップの上に+αの断熱と外壁の下地を

兼用するボードのエコサームも張られていってます。

エコサームの上にはテラコートという弾性性能が

高くひび割れが起きにくい塗り壁仕上となります。

なかなか聞きなれない材料の名前が並ぶのもあり、

いろんな方から興味を持ってもらえる住まいです(^^ゞ

擁壁補強も完了して、排水機能を備えた大きなビスで

しっかり固定された感じになりました。

スキップフロアの境にある和室等の収納部分は複雑に

組み合わさっていて、大工さん泣かせ?の加工が

形となって少し見えてきました。