福島区の家 天井板張とスレート壁と階段。

仕上となる部分がひとつずつ完成していってます。

天井には米杉の板張り天井がとても良い感じで、

内部の雰囲気がグンとあがりました。カーテンボックスは

大工さんの匠な技が施されて、スッキリと納まっています。

室内の北側の壁は1階も2階もほぼ全面スレートを張りで、

統一感あるアクセント壁となっています。通常の住宅より

幅広となっている階段もこの壁に面しているため、

空間の繋がりもでき、住まいの雰囲気を出せてると思います。

階段はまだ下地の状態ですが、一部は中空に浮いていて、

玄関ではオブジェの役割も兼ねています。仕上がると

間接照明が足元を灯し、イメージも更にアップするので

完成がとても楽しみです。

 

 

 

富田林の家 地鎮祭と基礎工事の着工

年明けに地鎮祭を執り行い、その翌日から早速基礎工事が始まりました。

現場チェックに行った時も現場では掘り方がキレイにされていて、

安心感がとてもあります。敷地も広いので職人さんの作業はしやすそうですが、

閑静な住宅街なので、音の問題など気を遣うところも多々ありそうです。

次回は配筋検査に現場に行く予定で、2月中旬には上棟予定ですが、

ブログがリアルタイムから1~2週前の内容なのでこの記事が

掲載されているときには基礎もほぼ完成していると思います(^^ゞ

 

和歌山の家 第2回打合せ

和歌山の家の第2回目の打合せを行ってきました。計画地は和歌山ですが、

現在のお住まいは京都で、今回もご自宅に伺っての打合せです。

基本的に打合せで毎回事務所にお越しいただくことはあまりなく、

クライアントのご自宅でさせていただくことが多いです。カタログは

タブレットでも確認いただけますし、サンプルも車輪がついたカートで

引っ張っていけば、問題なく確認していただけるので、長時間の打合せで

慣れないクライアントはやはりかなり疲れるので、ご自宅でさせて

いただくのが一番良いと思っています。クライアントの中には

小さなお子さんがいてたり、子供の帰宅等を待つ必要があったりも

するので、安心していただけるし、設計側としても生活リズムや

実際の使用感で気付くこともあり、メリットが多いと思います。

前回の打合せでは契約内容の説明をさせていただいたので、

この日は打合せ前に設計監理契約を締結からはじまりました。

ご要望からプランの修正したところを確認し、新たな要望を伺って

進めて行きます。修正で前回より20㎡弱床面積を小さくしての

提案でしたが、広さの感じはほとんど変えることなく、良い感じに

まとまった案にできたので、少しずつ変更希望がありましたが、

このまま順調に進めていけそうな感じです。プラン確認後は仕上材の

仮決定をしていきました。仕上材でどんなものを決めていく必要が

あるのかの確認をしていただけると同時に概算見積を依頼する際に

大きなズレが発生するのを軽減させることができるので、当事務所では

早い段階で仕上材を見ていくことが多いです。次回はショールーム見学の

予定です。ショールームは見学に行くと家づくりの計画がスタートした

感じが一気に出てくるところかもしれません。

 

福島区の家 外壁タイル下地、階段、建具レール

いろんな箇所が同時に進んで現場の進捗確認も楽しい時期になっています。

外壁はサイディング張りもほぼ終わり、タイル下地の左官工事がされ

外観形状が見えてきました。内部は玄関のインテリアにもなる跳ね出した

階段の上と下の3段分の下地がつくられています。

途中4段目から4段分は壁面から突き出す形で見えて、1段1段に

間接照明が入るので、細かな加工が大変にならないように階段はスレートが

張られる壁面の施工後の工事となります。そのため、完成するのは

いつもより遅めで、荷物の上げ下げ、人の移動はは少し大変な時期が

長くなりますが、その分できあがりも待ち遠しく楽しみな箇所になってます。

現場では建具の吊レールも仕込まれて、ここからだんだん完成が見えてくる

時期に入っていきます。

 

 

 

 

 

富田林の家 解体状況とプレカット打合せ。

昨年12月の解体中の状況です。建て替えでの解体途中はあまり

見に行くことがないのですが、近くの役所に行く予定があり、

少し立ち寄ってきました。ちょうど作業も休憩中で敷地が大きいので、

敷地内でのチェックができました。年末には構造材の第1回目の

プレカット打合せもしてきました。元現場監督の強みで事前に

チェックしてきた内容の質疑と修正の確認が約1時間で終わり、

いつも通りプレカット業者さんと工務店さんから「早かったですね」と

喜んでいただけました。プレカット打合せは2~3時間以上

かかることも多く、それでも終わらないこともあるらしいですが、

大半は事前の検討不足や設計者の認識不足のような気がします。

構造面とプレカットの加工条件のところの知識があれば、

何が問題になるか問題にならないかが認識できるので、

結果、上棟作業時が安心して進めてもらえるし、確認作業も

しっかりスムーズにできることに繋がると思います。

打合せが早く終わったので、プレカット業者さんのショールーム見学と

併設カフェでコーヒーをいただく時間もとれました。

できた時間で新たな情報やコミュニケーションを取れることで

勉強もでき、良いプラスのサイクルもできます(^^ゞ

 

新年のご挨拶。

皆さまあけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

年末は例年通りパソコンの前で年を越し、元旦から少しだけ仕事しています(^^ゞ

今年は実家への帰省を控え、元旦にZOOMで挨拶をするといった

例年と違う部分もありましたが、早く落ち着いて新型コロナ前の日常の中に

新型コロナで良くなった部分が活かせる日が来ることを祈るばかりです。

昨年は12月中に草戸の検査済証も受取り、無事に設計監理業務を終える

ことができました。福島区の家は工事が中盤を過ぎて、2月の竣工を目標に

進んでいます。富田林の家は今月に地鎮祭をし、基礎工事が着工します。

解体工事と地盤調査は昨年に完了し、地盤改良なしでOKの判定が出たので、

スムーズなスタートができそうです。和歌山の家は今月の打合せで

修正案の提案をし、設計監理契約を結ぶ予定となっています。

学校は2月頭に後期試験ですが、既に資料作成は完了しているので、

担当している学生が無事に卒業できるように頑張りたいと思います。

仕事の状況はちょうど良いペースなので、うまく時間をつくりながら

新たな挑戦もして、良い年にしたいと思います(*^_^*)

 

淡路島の別荘のプレゼンと和歌山の家の設計監理契約決定。

淡路島の別荘のプレゼンテーションを行いました。

希望内容と敷地条件からこれがベストと思えるプランを作成し、

予算は後から必要なところを残して減額案でまとめていく形で

調整できれば良いと考え、大きく予算オーバーした提案でしたが、

ありがたいことに削るところないから、予算の工面を検討しますとの

お返事をいただくことができました(^^ゞ

いつも「まずは風呂敷を広げて、そこからちゃんと閉じられる

ようにしていく」というスタイルが、後悔の無い住まいづくりと

いう考えでプラン提案をすることが多いですが、風呂敷を大きく

してもらえるということもたまにあります。最終的にはしっかり

減額できるところは減額検討をしますが、提案内容を喜んで

いただけることは素直に嬉しいです(*^_^*)

良いお返事がいただけることを祈って待っていたいと思います。

プレゼンの前日には、先月プレゼンテーションを行った

和歌山の家のクライアントから設計監理契約決定の

お返事をいただいての第1回打合せをさせていただきました。

現在、京都市にお住まいなので京都のご自宅で打合せ、

契約は次回打合せ時に行う予定で、この日は契約内容の

説明と資料の提示、プレゼン案からの変更希望箇所の

ヒアリングを行いました。完成まで1年少しくらいの

スケジュールで進めて行く予定で、こちらも今から完成が

楽しみな計画です。

 

草戸 完了検査

草戸では工事がほぼ完了し、検査機関の完了検査を受けました。

点検口の設置が一部完了してなかったので、その是正と後日、

受ける消防検査の合格を持って無事に検査済証の発行をして

もらえそうです。完成が見えてきてホッとできる時間ですが、

最後まで気を抜かずにしっかり見届けたいと思います。

 

 

 

 

福島区の家 断熱工事と気密シート張り

福島区の家では断熱材施工後に気密シート張りをしています。

現場では下地の状況から、「ここはグルっと巻いた方が良い」

「気になるところはテープや発泡ウレタンで埋めておこう」など

より良くなるように意見交換を現場監督さん、大工さん、私で

検討をしながら作業が進んでおります。ダウンライト部分は

良い気密部材が無かったので、塗料のさげ缶の替えカバーを

逆さにつけてしっかり、気密が確保できるようにしてくれました。

近々、気密試験も行われる予定なので、特殊な納まりの多い

今回でどれくらいの数値になるのか期待と不安の中、結果が

でるのが楽しみでもあります。ガレージ屋上もFRP防水が施工され、

雨養生も心配なくなりました。内部では石膏ボード張りの作業も

始まっていて、内部空間が日に日にわかりやすい状態になっています。

 

 

富田林の家 ショールーム見学。

どこのメーカーさんもコロナ対策のため、1ヵ月以上前に予約をした

クライアントのショールーム見学に同行してきました。

減額と再確認が目的だったので、これもメーカーさんのコロナ対策の

1組約1時間の中でシステムバスとシステムキッチンを見ることが

できましたが、新規の見学だとなかなかしんどい時間だと思います。

キッチンはシンク側は製作する予定なので、コンロ側のみの確認でした。

解体工事も12月から始まり、地鎮祭の日程も決定したので

年明けからまた現場の進捗もご案内していけると思います(^^ゞ

 

草戸

オーナーこだわりの旅館+倉庫は施主DIYもあり、

竣工時期が遅れていましたが、来月に完了検査を受ける予定と

なりました。1階は畳屋さんを営むオーナーの材料倉庫で

2階と3階に2部屋ずつの4つの客室がある旅館となります。

1部屋1部屋がオーナー夫妻とオーナーの子供夫婦1人1人で

趣向をこらしているので、それぞれまったく違う感じの内装と

なっています。外観はレトロな感じで某写真館をモチーフに

したもので、いつもの感じとはまた全く違っています。

想いを形にすることで、私個人としても計画においての

新しい引き出しが増えた感じがします(^^ゞ

  

 

 

福島区の家 構造金物と外部下地。

構造金物の設置が完了し、中間検査を受けました。

今回、当事務所では珍しく一部に構造用合板を施工しているので、

設置後に見えなくなってしまう前に検査を受け、構造用合板部分は

後日、写真提出という形を取りました。タイミングによっては

金物の写真を撮り、合板設置後の検査というケースや合板の

片面を仮止めして、検査を受けるケースもあります。

現場は外壁の下地工事が進み、サッシも設置されたので、

骨組みの建て方の状態より外観のフォルムがかなりわかるように

なってきて、建物の重厚感がでてきました。

 

 

 

和歌山の家と淡路の別荘。

先日、当事務所の生駒ショールームにて和歌山の家のプレゼンテーションと

淡路の別荘のヒアリングを行いました。和歌山の家は夏に敷地チェックに

同行した場所で、その土地でどんな住まいができるのかを提案させて

いただきました。いろいろな工夫と心地よい空間となる効果を採り入れ、

プレゼン時、クライアントのたくさんの驚きのリアクションが私にとっても

とても嬉しい時間となりました(^^ゞ

プレゼンは昼から2時間ほどで終了し、その後夕方から淡路の別荘計画の

クライアントのヒアリングを行いました。ヒアリング翌日は現地で一緒に

敷地チェックし、気になる点や土地契約での注意点、確認事項をアドバイス

させていただきました。高台にある海が1階からも見えるとても良い敷地で

クライアントからは1階リビングで希望をいただいてましたが、

敷地を見た瞬間、私の中ではオーシャンビューを最大限活かすリビング

1.5階案が浮かんだので、これでプレゼン提案する予定です。

年内は淡路の別荘の他、鉄骨3階建リノベーションのプレゼンがあり、

新規のプレゼンの提案は来年以降となります。面談やヒアリングは随時受付を

しておりますので、「お問い合わせフォーム」からご相談ください。

写真は淡路の別荘の敷地からの景色です。

 

富田林の家 工事契約。

富田林の家の工事契約の立会いをしてきました。

クライアントのご自宅でスムーズに進んで、クライアントは今月中に

仮住まいにお引越し、来月初旬から解体へと工事が進んでいきます。

確認申請も今月中旬には降りる予定です。工事契約後に1時間半ほど

第2回目の減額案の打合せを行いました。1回目で最初の工事費の

1割くらいの減額はできましたが、細かなところもしっかり詰めて

いくのが大事です。スーパーの1割引きもそこそこ嬉しいですが、

工事費は基の金額が大きいので〇千万円の1割は〇百万円となるので、

当事務所の設計監理費や消費税分と同じくらいの金額になってきます。

余分をきちんと検討できることも設計監理してもらうメリットだと思います。

追加項目もあるので2回目は減額も若干になりそうですが、

地盤改良で追加費用が必要となる可能性も見据えて検討していってます。

 

福島区の家 上棟式

基礎工事が完了し、土台敷き、棟上げと進んでおります。

現場にて上棟式も執り行い、これから木工事や設備関係の

配線や配管工事に入っていきます。クライアントのご厚意で

私が非常勤講師に行っている専門学校の学生対象になかなか

学生には見るチャンスが少ない軸組の構造を見せてあげる

ことができました。希望者が20人弱(今のところ4人は

別日に行く予定)いたので、3回に分けて消毒等の新型コロナの

感染対策とヘルメット着用の安全対策も万全にして開催。

机上の勉強とは違い、実際に見るとよりわかることができたと

学生にも喜んでもらえました。福島区の家は門型フレームや

約35㎡が天井高4m弱の大空間(中間梁に火打ち無)、

梁の高さを変えたり、2重壁にすることで構造を強くした

部分などを現場で説明し、工夫次第でいろいろなことが

できることを伝えました。