福島区の家 構造金物と外部下地。

構造金物の設置が完了し、中間検査を受けました。

今回、当事務所では珍しく一部に構造用合板を施工しているので、

設置後に見えなくなってしまう前に検査を受け、構造用合板部分は

後日、写真提出という形を取りました。タイミングによっては

金物の写真を撮り、合板設置後の検査というケースや合板の

片面を仮止めして、検査を受けるケースもあります。

現場は外壁の下地工事が進み、サッシも設置されたので、

骨組みの建て方の状態より外観のフォルムがかなりわかるように

なってきて、建物の重厚感がでてきました。

 

 

 

和歌山の家と淡路の別荘。

先日、当事務所の生駒ショールームにて和歌山の家のプレゼンテーションと

淡路の別荘のヒアリングを行いました。和歌山の家は夏に敷地チェックに

同行した場所で、その土地でどんな住まいができるのかを提案させて

いただきました。いろいろな工夫と心地よい空間となる効果を採り入れ、

プレゼン時、クライアントのたくさんの驚きのリアクションが私にとっても

とても嬉しい時間となりました(^^ゞ

プレゼンは昼から2時間ほどで終了し、その後夕方から淡路の別荘計画の

クライアントのヒアリングを行いました。ヒアリング翌日は現地で一緒に

敷地チェックし、気になる点や土地契約での注意点、確認事項をアドバイス

させていただきました。高台にある海が1階からも見えるとても良い敷地で

クライアントからは1階リビングで希望をいただいてましたが、

敷地を見た瞬間、私の中ではオーシャンビューを最大限活かすリビング

1.5階案が浮かんだので、これでプレゼン提案する予定です。

年内は淡路の別荘の他、鉄骨3階建リノベーションのプレゼンがあり、

新規のプレゼンの提案は来年以降となります。面談やヒアリングは随時受付を

しておりますので、「お問い合わせフォーム」からご相談ください。

写真は淡路の別荘の敷地からの景色です。

 

富田林の家 工事契約。

富田林の家の工事契約の立会いをしてきました。

クライアントのご自宅でスムーズに進んで、クライアントは今月中に

仮住まいにお引越し、来月初旬から解体へと工事が進んでいきます。

確認申請も今月中旬には降りる予定です。工事契約後に1時間半ほど

第2回目の減額案の打合せを行いました。1回目で最初の工事費の

1割くらいの減額はできましたが、細かなところもしっかり詰めて

いくのが大事です。スーパーの1割引きもそこそこ嬉しいですが、

工事費は基の金額が大きいので〇千万円の1割は〇百万円となるので、

当事務所の設計監理費や消費税分と同じくらいの金額になってきます。

余分をきちんと検討できることも設計監理してもらうメリットだと思います。

追加項目もあるので2回目は減額も若干になりそうですが、

地盤改良で追加費用が必要となる可能性も見据えて検討していってます。

 

福島区の家 上棟式

基礎工事が完了し、土台敷き、棟上げと進んでおります。

現場にて上棟式も執り行い、これから木工事や設備関係の

配線や配管工事に入っていきます。クライアントのご厚意で

私が非常勤講師に行っている専門学校の学生対象になかなか

学生には見るチャンスが少ない軸組の構造を見せてあげる

ことができました。希望者が20人弱(今のところ4人は

別日に行く予定)いたので、3回に分けて消毒等の新型コロナの

感染対策とヘルメット着用の安全対策も万全にして開催。

机上の勉強とは違い、実際に見るとよりわかることができたと

学生にも喜んでもらえました。福島区の家は門型フレームや

約35㎡が天井高4m弱の大空間(中間梁に火打ち無)、

梁の高さを変えたり、2重壁にすることで構造を強くした

部分などを現場で説明し、工夫次第でいろいろなことが

できることを伝えました。

 

2020秋キャンプ。

今年最後のキャンプを弟家族と一緒に行ってきました。

場所は兵庫県の佐用町。11時くらいに到着して14時くらいまで

雨が降っていましたがそこからは天気も回復し、問題なくテントの

設営等もできました。今回はツリーハウス付のサイトで子供達も

秘密基地がある感じで楽しそうでした。

お昼は初めてのピザ窯体験をしました。窯に薪をくべてから、

その熱で焼くスタイルは魔女の宅急便の「ニシンとカボチャのパイ」

づくりをしている感じで、面白かったです。夜のBBQではでっかい

マシュマロも焼き、お昼も晩もご飯を満喫できました。

翌日、私たち家族は次男の運動会(台風で1週間伸びてからの雨で

1日延期。新型コロナで学年で時間を変えての開催)だったので

早起きして、8時45分頃キャンプ場を出発と最後はバタバタしましたが、

火を見て、自然を満喫してしっかり癒されました(^^ゞ

来年春までは、しばらくキャンプに行く予定がないので、帰宅後は

1週間程かけて、仕事の合間とかに少しずつ道具の手入れと

片付けをしたので、既に次回の準備も万全です。

 

卒業設計と設計塾

特別担任を受け持っている専門学校では9月末から後期授業が開始しています。

2年生は卒業設計の制作がこれから佳境になっていき、1年生は設計事務所を

主宰している複数の特別担任の先生方とボランティアで活動している設計塾で

課題制作に追われています。どちらもゼミ制度をとっており、出校日は授業と

授業の準備やプリント作成、複数の面談、担任クラスの用事などで毎日が

慌ただしくなってきました。本業の設計事務所も現在進行中のproject以外に

新たな提案依頼も複数いただいており、年内はありがたいことに忙しい日々が

続きそうです(^^ゞ

 

福島区の家 基礎完成しました。

9月末に基礎が完成しました。

敷地いっぱいのプランになっているので、ここから少し先に

建物周りの外構工事が進んでいきます。ちなみに建ぺい率は

残り0.05%、規制が厳しくなる延床面積100㎡までは0.03㎡と

ギリギリを計算した計画となっています。

基礎もキレイに打設できてました。アンカーボルトは筋かいの

位置も考えて、土台芯から少しずらして配置してもらってます。

 

9月の連休。

9月の連休1日だけ、家族で和歌山県までドライブしてきました。

目的地は岸和田の家のお客さんに教えていただいた「orenge」という

アウトドアショップ。いろいろなメーカーのいろいろな道具を

たくさん見ることができ、ネットでみるのとは違って、

実物が見れるのがとても良いです。小物少しと帽子が色あせて

きていたのを思い出し、アウトドア用のを1つ購入しました。

自宅に戻って、帽子を見たらたまたま同じものの色違い(^^;

お店の写真は撮り忘れてしまったので、道中に寄った

道の駅の写真を載せておきます。ここでは今年最後?の

ソフトクリームを家族みんなで食べました。

アウトドア用品はキャンプに行くためだけと違い災害対策にも

なります。個人的には経験して、できるようになっておけば

いざというときに役立つスキルだと考えています。

今年は新型コロナで旅行に行けなかったので、いろんなものを

たくさん購入し、家族分の寝袋も完備することができました。

大方、一通り道具は揃ったので、一緒にキャンプに行きたい人は

ご連絡ください(*^_^*) 今は結構レンタルもあり、結構気軽に

体験しやすくなっていると思います。

 

自転車。

来年度から小学生になる次男の自転車の練習をしました。

長男の時に購入したストライダーから自転車に変えられる

変身バイクにペダルを設置し、近所の公園で練習。

ストライダーで既にバランスが取れていたので、

そんなに時間もかからず無事乗れるようになりました。

ストライダー→傾斜の緩い坂道で自転車の練習が

一番スムーズに自転車だと思います。

 

富田林の家 見積確認と減額案。

依頼していた工務店さん3社の見積が揃い、減額案を作成して

打合せを行いました。この減額案、過去のブログでも記載していますが、

作成を得意としている事務所とそうでない事務所があり、当事務所は

得意分野であります(^^ゞ 減額案も1回だけではなく、数度繰り返して

予算内にするための変更や中止が可能な項目を金額とともに提示させて

いただきます。予算を増やしてする方が将来的にした方が良いかも

一緒に検討をしていきます。後悔しない住まいづくりをするためには

とても重要な部分だと考えています。工務店さん頼みで1回も

減額案を作成しないところもあるらしいので、設計事務所をどこにするか

決める際には検討項目に入れることをおすすめします。

過去のブログは「01設計ブログ」のタブから探してもらえると

見つけられると思います(*^_^*)

 

福島区の家 配筋検査。

基礎工事の掘り方と鉄筋工事が完了したので、

配筋検査を行ってきました。立上り位置や全体の大きさ、

鉄筋の間隔、高さなど各寸法の計測、その他鉄筋の種類などを

ひとつずつチェックをしていきます。防湿シートの破れ等の

細かな指摘はしましたが、現場も施工状況もとてもきれいに

できていました。配筋は見た瞬間、問題ないかどうかが

施工の完成状態を見るとなんとなくわかります。

今回も現場に到着したときに恐らく大丈夫だと判断できる

感じでしたが、やっぱり万が一があるかもしれないので、

スケールと図面を持って見ていきます。段差がある基礎も

キレイに施工、準備されているとチェックもしやすいので、

スムーズに検査も進めることができました。

 

家族キャンプ。

新型コロナ拡大防止のため、予定していた宮古島旅行をキャンセルし、

キャンセル料は4人分でかなりかかりましたが(^^;

戻ってきた分で欲しかったテント等のキャンプ道具を新しく購入し、

家族で近くのキャンプ場にいってきました。お盆も祖父母に

万が一の感染をさせないようにと考えて自粛したのもあり、

この日は合えなかった大阪市内に住む弟家族と一緒に参加です。

気温も高く風も強かったですが、近くに木陰があったので休憩しながら

無事になんとか準備も完了。満点の星空や手持ち花火、BBQと自然や

夏を感じて、疲れたけど癒されることができました。また秋にもう1回

行こうかと現在、計画中です(^^ゞ

 

各projectの進捗

福島区の家は地盤改良工事が終わり、お盆休み明けから基礎工事を

進めています。旧家以前の古いガラ等が多数あり、掘り方作業が

予定より少し時間がかかっていますが、しっかりとチェックを

していきたいと思います。

富田林の家はお盆中に見積依頼をし、お盆明けに依頼した

工務店さん3社に現地へお越しいただき、見積に必要な

既存建物の解体工事についての確認をしてもらいました。

来月上旬に見積提出があり、減額案検討へと進んでいきます。

玄関が現在の位置から大きく変わり、道路からのアプローチも

違うようになるため、それを想像すると住んでた人は最初は

全く違った感覚になることがイメージでき、現地調査の立会い中に

その不思議な感じも面白いなぁと思ったりしてました(^^ゞ

 

今月は資料請求と問い合わせ、面談、敷地確認相談と

いずれも複数あり、一気に話がくると少しバタバタしそうな

感じがしています。敷地確認相談はひとつプラン提案依頼も

いただき、来月中旬にプレゼン予定です(^_^ゞ

 

春夏はバルコニーでいろいろしてます。

新型コロナの非常事態宣言でほとんど外に行けなかったときに

行きつけの近所の燻製がとても美味しいお店「食堂ニーナ」さんで

テイクアウトができるようになり、その時に子供とも一緒に

初めて燻製を食べたのですが、長男も次男も美味しい美味しいと

食べれることを発見し、前々から興味があった燻製機を購入。

煙はそれほどでもないので、レンジフード下でも大丈夫だと思いますが、

室内に匂いがついちゃうとよろしくないので、ベランダで缶ビールを

片手にアウトドアテーブルとチェアを置いて定期的に自宅で

作るようになりました。保存もきき、少し出すだけで晩御飯も

レベルアップした感じになります。オーソドックスなものは当然

美味しいのですが、チャレンジした食材の中ではトマトが初めて

食べる味に変化したのが面白かったです。食材以外にも燻製醤油が

とてもいい感じでお気に入りとなってます。燻製以外にもテントを

出して遊んだり、たこ焼きをしたりと活用することが増えたので

ベランダに長いこと寝かしているデッキ材を使って、ウッドデッキも

そろそろ時間ができれば作りたいなと検討してますが、

なかなか手が回る時間はとれなさそうか(^^;。

たこやきは電気式からカセットコンロ用にしたら、

更に美味しく仕上がるようになりました(*^_^*)

 

1年間のpino。

ブログをお休みしていた間も定期的にpinoを

食べていました。和栗は気付かずに昨年秋と

今年の7月に2回食べていました(^^;

アソートはハズレがあまりない感じです。

チョコミントも大丈夫な方ですが、pinoのは

あまり好みの味ではなかったです。

その他は美味しくいただけたと思います(*^_^*)