新しいリーフレットできました。

なかなか納得いく無いようにできなくて

製作に時間がかかってしまいましたが、

ようやく新しいリーフレットが完成しました。

こだわった部分は文字はなるべく少なく、

わかりやすく、相手に伝わるものづくり。

設計という生業をしているので、

デザインに関係するところはやっぱり

たくさん検討をして進めてしまいます。

こういうところにも仕事に対する熱が

見てもらえるかなとも思っています(^^ゞ

お待たせしていた方への郵送の手配も完了し、

やっと新しい事務所も無事スタートした

かなと感じることができました。

リーフレットご希望の方はホームページの

右上、「お問い合わせ・資料請求」の

ボタンからお申込みください。

 

8歳。

長男が8歳になりました。事務所開業の年に

生まれたので、とても覚えやすいです。

小学校2年生ともなると、誕生日プレゼントも

おもちゃやゲームで少し金額もあがってきますが、

大人がやっても少し楽しめるようなものが

増えてきます。調べていると、結構そういう

ものにハマっている方もいるようです(^_^)

ただそこに付け込んで、子供に人気のものを

利用して転売目的で大量に買い、不当に価格を

あげる人もいているみたいで、品薄になっている

商品も多く、嫌な気持ちになることも...。

こういうのを規制するのってやっぱり

難しいのでしょうか?大人が購入するものなら

まだ少しは理解できるのですが、子供の楽しみを

制限してしまうようになるのはなんとかして

欲しいなと感じます。

 

バースディソングは後ろで写っている妻の生演奏でした(^^ゞ

 

大阪府咲州庁舎

市町村に建築主事がいてない場合は大阪府庁で

確認が必要となる場合もあります。柏原の住宅も

調べてみると前面道路がレアなケースだったので

いろいろな手続きを進めていきます。府庁は交通の

便もあまり良くなく、内部は閑散としていてもう少し

無駄をなくした方がと感じてしまう空間ですが、

ここも使わないと無駄なのかもしれないとも感じ、

難しい問題だと思いました。ただ窓口の受付対応が

15時までというのは、府民サービスとして、

もうちょっとなんとかならないものでしょうか。

事前に問い合わせていたので時間内に伺いましたが、

あたり前に17時までは大丈夫だろう...と思って、

行く人も結構いそうな気がしました。遠くまで行って

無駄足になるとかなりショックを受けそう(^^;

 

pino トリュフショコラ

久々にpinoの新しい味をいただきました。

〇〇ショコラ味はパターン化しているみたいです。

安定のチョコ味です。癖もなく子供たちも

喜んで食べていました。でもやっぱり期間限定で

出るものは変わった味を期待しています。

 

芥子餅。

堺の銘菓「芥子餅」を事務所のリノベーション工事に

ご尽力いただいた、ビームスコンストラクションさんへ

お礼のご挨拶に伺い、お土産に持って行くことにしました。

くるみ餅と迷ったのですが、賞味期限に少し日がある方が

良いかなと思い、こちらを選びました(^^ゞ 芥子の実は

アヘンの精製にも使用されたので、良いイメージがない

かもしれませんが、とても栄養価が高い食物です。

またかなり高カロリーなスパイスでもあり、身近な

ところでは七味唐辛子やあんぱん(こしあん)の上や

ベーグルにも使用されています。ちなみにあんパンの

つぶあんは黒ゴマで白あんは白ゴマがポピュラーな

分け方みたいです。

↑久々に家族用にも購入してみました(*^_^*)

 

柏原の住宅 第1回打合せ。

6月下旬にプレゼンテーションを行った賃貸物件の

テラスハウスの提案を採用いただきました(^-^)

クライアントからブログの掲載についてのOKが

取れましたので、「柏原の住宅」でこれから進捗等を

ご紹介していきます。大阪府柏原市の河内国分駅の

近くでの計画です。防犯面やプライバシーはもちろん、

植栽等で緑も感じられ、採光と採風や景観もしっかり

考慮した心地良い空間を作っていきたいと思います。

 

設計ブログvol.10 「設計者とは」

ハウスメーカーや工務店、設計事務所のどこへ

住まいづくりを依頼する場合でもまず「設計者」が

プランを作成する必要となります。病院で考えると

恐らく「主治医」にあたるのかなと思います。

病院と違うのは、高価な設備がある等が関係なく、

技術や知識、考え方が違うといったところでしょうか。

大きなところやたくさん人が在籍しているところでは

担当者を選ぶことができませんが、個人でしている

ところは個人=担当となります。そう実は「設計者」を

選べる可能性が高いのは設計事務所だけなのです。

依頼先を「病院」や「会社」で選ぶのか、「主治医」や

「設計者」で選ぶのかという感じに近いと思います。

個人的には住まいづくりは一緒にする人との相性が

一番大切と考えています。どのように「設計者」を

選ぶか住まいづくりでの最初の重要な部分なので

公開の内容にしっかり検討することをおすすめします。

 

設計ブログでは、当事務所の設計に考え方と

これから住宅の計画をされる方のために

建築業界でも数少ない設計と施工の両方を

経験した一級建築士による役立つ情報を

定期的に掲載しております。

※約20日間隔で7のつく日に更新します。

右側のカテゴリー最上段「01設計ブログ」

のタグをクリックしていただければ、

設計ブログのみを表示することができます。

是非住まいづくりにご活用ください。

 

奈良の住宅 プレゼンテーション。

先日の賃貸住宅提案に続いての賃貸住宅のプレゼンテーション。

景気の影響もあってなのか、資産活用やビジネスとして賃貸住宅の

運営を検討されている方が増えてきている感じがします。

そのため、他との差別化を図る+αが重要となり、デザインも

考えられていて住みやすく、収納もしっかりというのが

主流になっているようです。もちろんコストも重要。

当事務所でも得意なところなので、納得いただける提案が

できたのではと思います(^^ゞ あとは良いお返事を

いただけるのを祈って待つのみです。

 

精華町の家 1年点検。

施工いただいた工務店のビームスさんと一緒に

1年点検に伺って来ました。1年が経過して

植栽も増え、インテリアも更により良い感じに

なっていました。秋には新しいご家族も増える

とのことで、奥様が産休に入り、少し落ち着いた

タイミングで建物の写真撮影予定をさせて

いただくことになりました。先日の地震で精華町は

震度5弱とのことでしたが、住まい手さんに

怪我はなく、建物にも損傷はなく、無事で一安心。

点検では建具の調整と内部の細かな隙間の補修、

机の継ぎ手のメンテナンスをビームスさんに

お願いしました。当日、作業が難しいところは

後日、日程調整をして対応してもらうことに

なりました。

 

建築家さがしの杜 頭の断面展。

グランフロント大阪にあるサンワカンパニーさんの

ショールームにて1週間作品の展示や相談会、

トークイベント、建築家Bal(プチパーティ)を

開催しました。一般の方以外にもいろいろな業種の方に

お越しいただき、とても有意義な時間を過ごすことが

出来ました。次回は秋ごろにまたイベントを検討

しておりますので、今回お越しいただけなかった方も

次回是非、ご参加ください。

 

 

信州そば。

高校時代の同級生から、同窓会で集まった際に

信州そばのお土産をもらいました。

さすが本場のお蕎麦、うんっまいです。

また、こちらからも遊びに行って、

新鮮なものをいただきに行きたいと思います。

Yくんいつもありがとう(^_^)

 

新事務所オープンイベント 御礼。

土曜日に自宅兼事務所&ショールームの見学会と

プチパーティーを開催しました。過去に設計監理

させていただいたクライアント、設計事務所仲間、

仕事仲間、知人友人、初めましての人も合わせて

20人以上とたくさんの方にお越しいただくことが

できました。予定でご参加いただけなかった方

からもお花等もいただき、パーティーを華やかに

飾ることができました。いつも感じることですが、

こういう機会を持てるということはたくさんの

方のおかげなんだと改めて思うと同時に、

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

まだまだ未熟な私ですが、これからもどうぞ末永く

お付き合いよろしくお願いいたします。

今回、お越しいただけなかった方もお越し

いただいた方も事務所はショールームを兼ねて

おりますので、お近くにお越しの際は気軽に

お立ち寄りください。これから新築や

リノベーションをご計画の方は当事務所で

ご計画されない場合も、少しでも参考にして

いただければと思いますので、遠慮せずに

ご連絡ください(^-^)

 

 

 

プレゼンテーション。

先日、ブログで記載していた賃貸物件の

プレゼンテーションをしてきました。

「共同住宅」でありながら共用部がない

「長屋」で提案をさせていただきました。

「長屋」という響きに良いイメージがなくて

敬遠される方もいますが、建築基準法上の

名称であり、最近では「現代版長屋」として

「テラスハウス」という風に呼ばれることも

最近では多くなってきました。呼び方ひとつで

おしゃれに感じるのも不思議ですが、実際に

完成している建物も名前に負けないデザインを

持っています。壁や天井と床のそれぞれが

接する部分のみを共同で使用するのは

「共同住宅」と一緒ですが敷地の有効活用や

防犯性、プライバシーの確保で効果があり、

また共用部がないことで消防設備なども大きく

減額することが可能となり、2方向避難が必要で

なくなる点も計画の上でメリットとなります。

各都道府県でそれぞれの異なる条例等が

存在する場合もあるため、注意して確認を行う

必要がありますが、新たな土地活用の方法の

ひとつとして考えてみる価値ありだと思います。

 

同窓会。

2016年のプレ同窓会を含めて、今年で3年連続3回目の

高校時代の同窓会を開催しました。私は毎年幹事を担当していて、

在籍していた国際教養科2クラス81人の内、現在59人と連絡が

取れるようにまでなりました。将来的には残り25%とも連絡が

取れるように、みんなで協力しながら活動をしています。

今回は初めての参加メンバーも増え、会うと高校時代に戻った

ような感じになり、とても元気になれます。それぞれ仕事や

子育て等に悩みもありますけど、共有しあってそれぞれを心配し、

気にかけてくれる仲間がいることが幸せに思います。