富田林の家 器具設置。

製作キッチン(シンク側)とTOTO製のキッチン(コンロ側)が

設置されて、LDKも完成間近です。照明器具の取付も始まって

雨の日が多い中、何とか外構も徐々に完成が見えてきました。

現場は写真よりもう少し進んでいるのですが、DIY塗装等に

集中しすぎて写真を撮り忘れてしまいました(^^;

次回は完成引渡しのブログになると思いますので、それまで

楽しみにしていただけるようにとっておきたいと思います。

製作キッチンは写真では見えないですが四角い形でなく、

角が斜めに切り取られた形状になってます。

リビングをより広く使えることを優先するため、ダイニング

テーブルがこの斜めのところに置くようにした結果、

この形状になりました。仕上げのメラミン板もTOTO製の

システムキッチンになるべく近いものをチョイスして

明るい色の空間を引き締めるアクセントとなってます。

家具や建具も入って、現場が進むのがとても楽しい終盤です(*^_^*)

 

 

 

和歌山の家 第7回打合せ

新しい要望がでてきたこともあり、前半はプランの細かな部分の

変更打合せをしました。毎回、クライアントとの打ち合わせは

いろいろなアイデアもでてくるので、このコラボレーションで

なければ、この形は生まれなかっただろうなぁと感じます。

時にはこれも良い感じやけどという気持ちもありながら、

泣く泣くボツ案になったりもしますが、またそれがどこかで

採用されたりもあり、タイミングや巡りあわせの不思議も

起こったりします(*^_^*) 現在、修正案を検討中の合間(夜)に

ブログを書いているのですが、昼間は1日叫びながら

「う~ん違うなぁ。こっちの方が良いかな・・・これも」と

いった感じで産みの苦しみをしていましたが、その甲斐あって

自分の思う案をまた提案できそうです(^^ゞ

 

富田林の家 内装工事とDIY。

工事は内装工事にはいりました。この日はパテも完了し、

クロス貼をしていました。DIYもデッキで1日、内部の床以外を

半日×2回、ゴールデンウィーク中に作業を行ったので残すは1日、

施主検査の日に床とその他で残っている箇所少しで終了予定。

久々のDIYでコロナ感染対策も行っての作業でしたが、

学生の協力もあり、いつもよりスムーズに進みました。

学生は学びになり、クライアントはDIYが楽になる

WINWINの環境をつくれたことが、とても良かったです(^^ゞ

外構工事も階段部分の下地作りが始まり、少しだけ形が見えてきました。

完成引渡しまであと1ヵ月、外の作業が多いタイミングで

雨が続きそうなのが少し心配ですが、決定事項も予算調整も

すべて決まって、あとは竣工を待つのみです。

 

 

 

草戸 内覧会。

4月29日の畳の日にサイトオープンし、既に予約も早速入ってきている

草戸(倉庫+旅館)の内覧会にご招待いただき、伺ってきました。

設計監理をさせていただいた建物ではありますが、内部はクライアントの

強いこだわりで作ってもらったので、私は外枠と中の形を要望に合わせて

調整をする手伝いをさせていただいた感じです。基本的に内部はオーナーの

ご夫婦と息子さん夫婦の4人で、4部屋とも異なる趣向凝らした全く違う

客室をDIYや古い家具でインテリアデザインしてもらっていて、それ故の

オーナー家族の愛情と唯一無二の空間がとてもいい感じになっています。

施工事例にも写真をアップしていますが、動画も撮影したので

近日中に予約サイトへのリンクと合わせて、施工事例のページに

追記アップする予定です。写真とはまた一味違う動画の案内は内部の構成も

良く分かります。既に予約も複数問い合わせが入っているとのことで、

無事にスタートをきれたことに携わったものとして一安心しました。

建物内には内覧会時にお祝いのプレゼントで送った置き物も早速飾って

いただきました。新しいのに古さも感じる建物の雰囲気とよく合い始めから

置いてあったような感じで、自分ながらナイスチョイスでした(*^_^*)v

内部の一部をブログにアップします。全体は施工事例と後日アップする動画を

ご覧ください。畳の飾りは打合せ時に私の何気ないアイデアからヒントを得て

形にしたものと伺いました。自分自身の発言を忘れていたので形になって

立体感とイ草の香りとアートの感じにびっくりでした。普段は見れない1階の

倉庫部分ではオーナー自ら専門的なことを教えてくださり、とても良い

勉強をさせてもらいました。Mさまご家族の皆さまありがとうございましたm(_ _)m

 

 

 

淡路島の別荘 第1回打合せ

お子さんの受験も難関国公立大学に無事合格して少し落ち着いたので、

プロジェクトの方もスタートしました。この日は再ヒアリングと

契約内容についての確認を行いました。12月にプレゼンテーションさせて

いただいた案を基に修正して、予算オーバーとなっている部分を

できる限り抑えて良いところは残したまま再提案する方向で、

設計監理契約も次回打合せ時に締結することとなりました。

海の見える別荘なのでテンションもあがる内容ですが、

しっかりコストもコントロールして再プランをしたいと思います。

 

富田林の家 足場解体しました。

足場が必要な屋根、外壁関係の工事が完了したので、足場が解体されました。

1階の広い軒裏がとても良い感じです。内部はフローリングをほぼ張りおえ、

天井や壁もクロスの下地となる石膏ボードが張られていて、雰囲気がかなり

わかるようになってきました。1階は視覚効果もあり、広さがかなり感じられます。

ここからホワイト色系の壁紙が貼られると更に開放感がうまれます(*^_^*)

足場が解体されると建物周りの配管、配線が施工され、その後外構工事が

進められていきます。完成に近づくこの時期は毎週毎週、現場監理での

進捗確認がとても楽しみです。

 

 

和歌山の家 第6回打合せ

打合せまでに外観スケッチでイメージ確認し、そこから更に調整して

打合せを行いました。外観についての確認しながら、内部で新たな

希望も生まれたので、変化させて対応するかどうかの検討をしましたが、

現状のいい面をそのままに希望部分を埋め込む提案をさせていただき、

いい感じにプラン修正の話ができました(^^ゞ

この日は前回途中であった仕上材の検討をし、疲れがでてくる前の

いつも通りの時間で終了。続きは次週に持ち越しとなりました。

資料は少し先の打合せ分まであるので、余裕を持ちながら

進められていますが、一気に進む可能性もあるのでできる限り

前もって準備はしっかり進めて行こうと思います。

最初の外観変更スケッチ。ここから少し屋根の感じと

窓の変更をしています。

 

福島区の家 お引渡し

先月末にお引渡しをしました。工務店さんの不備で残工事が

複数残っていたのですが、お住まいの引越しの期限も迫っており、

引越し後の工事対応となりました。内部には照明の灯りや

家具、絵画等も入り、空間に命が吹き込まれたように感じます。

完成形が見れるのはもう少し先になりそうですが、

数か月後の竣工写真撮影時には更に贅沢なこだわり仕様の

住まいが見れるのが楽しみです。

 

 

 

富田林の家 DIY塗装

大工さんが下地関係を進めている外部の木工事が始まる前の

タイミングでクライアントと一緒にDIY塗装を行いました。

富田林の家は1階の大きな軒天井と玄関前の外壁の一部が

板張りとなっています。サンプルで色を確認し、玄関ドアに

近い色にした自然OILの塗料をクライアント夫婦と

講師で教えに行っている専門学校の建築女子学生3名と

作業をしました。コテバケとウエス拭き取りで4mの

板材100枚以上を作業時間約5時間程で良い感じに

完成させることができました。クライアントの役にも立て、

学生も良い体験ができ、WINWINの関係性がある

機会を設けられたと思います(^^ゞ

翌日、私は多少腰が痛かったですが、いつもより疲労は

少なく楽ができたので、かなり助かりました。

良い天気の中、外でいつもより人数が多く作業をするのも

学校の文化祭の時のようで楽しかったです。

Iさん、Nさん、Yさん参加してくれてありがとう(^_^)b

 

 

 

和歌山の家 第5回打合せ

模型ができたので、この日は外観と間取りの打合せを行いました。

好みの外観写真等からイメージした外観で作成し、そこから再度

検討をしました。住まいづくり中はインターネットや雑誌等の

いろいろな建物を見ていただくことで好みが変化したりもあり、

クライアントもわからなくなってくることもありますが、

考えを整理しながら、最終形を探っていきます。

感じはつかめたので次回打合せで間取りや内部はそのままに

新な外観を提案することになりました。中は同じでも

外観は結構変化させることも可能なので、今後模型の形状からの

変化を楽しみにしてください(*^_^*)

その後、前回の打合せが途中までだったので、その続きの

サッシの打合せを行いこの日も続きの内容も用意してましたが、

時間も遅くなってきたので、次回に持ち越しとなりました。

少し問い合わせが増加してきたので、なるべく準備も早めに

進めて行っていて、今は先手を打ててますがスケジュールが

厳しくなることも想定して、もう少し余裕を持てるように

していこうと思います(^^ゞ

タイミングよく模型があり、とても良い検討ができました。

 

福島区の家 家具工事

工務店さんが家具屋さんに製作依頼していた造作家具の

設置工事が始まりました。一部、扉の面材の間違え等が

あり手直ししてもらう箇所もありますが、空間に仕上で

見える家具が入るとやっぱり良い感じです。

今回は家具の数も多いので一気に完成に近づいてきてます。

あと残り内装と建具と外部工事、小物関係の取付ができれば、

美装工事でほぼ完成となります。

 

 

富田林の家 上棟式~中間検査

2月下旬の快晴の空の下、無事棟上げ作業ができました。

一部、屋根の隅木等の現場手加工の梁がありましたが、

スムーズに進み1日で大屋根の垂木掛けまで進みました。

下屋の垂木は翌日以降の作業でしたが、下屋ができて

広い軒下空間が現れると、建物の重心も低くなり、

より落ち着いた佇まいになりました。更に敷地に対して

建物に角度をつけた配置が道路側からワイドに見え、

その効果もより映える形になっています(^^ゞ

中間検査では大工さん、工務店さん、指定確認検査機関、

瑕疵保険機関、当事務所と5重にしっかり検査がされています。

金物については当然ながらどの物件も全数チェックをし、

図面にチェックを入れてます。抜けや修正等を1つ2つ指摘する

こともありますが、今回は1つもなくパーフェクトでした。

屋根のガルバリウム鋼板葺きとバルコニーの防水工事も施工され、

雨の心配もかなりなくなりました。数日後にはすべてのサッシが

取り付けられて、外壁に透湿防水シートも張られるので、

多少雨が強い日がきても問題なくなります。

 

 

ファミリーキャンプに行く機会が多くなり、道具も増えて車の収納量が少なくて

大変だったので、2枚目の写真のチラっと写っているエスティマに乗り換えました。

いつかは乗りたいと思っていた車で今はもう生産されていないため、

中古車になりますが運良く希望の仕様で良い状態のものが見つかりました(^^ゞ